スキンケア

老化の1番の原因!?紫外線が肌にもたらす影響

更新日:

紫外線は肌に良くないといいますが、実際肌にどんな影響があるのでしょうか?

紫外線は何故悪い?

紫外線を浴びることで、皮膚の中で活性酸素が発生します。

活性酸素とは、細胞にダメージを与え活動を弱め、更にエラスチン線維やコラーゲン線維等を分解する酵素の産生を促すものです。

つまり、活性酸素が発生することでシワやたるみができたり、肌が乾燥するなど肌トラブルが出やすくなります。

米国皮膚科学会では、老化の約80%が光老化による影響だと言われています。

肌に最も悪影響を及ぼすのは、実は紫外線なのです。

肌に影響する紫外線の種類

生活紫外線のUV-A

紫外線A波( UVA)は波長が長く、地上の紫外線の約9割を占めています。

真皮中層にまで到達する為、メラノサイトを活発にし、サンタン(皮膚が黒化する日焼け)を起こします。

また、エラスチン線維という肌の弾力を保つための組織やコラーゲン線維を変成させることで、しわやたるみの原因にもなる為注意が必要です。

レジャー紫外線のUV-B

主に表皮にダメージを与えます。

皮膚が赤くなり炎症を起こす日焼け(サンバーン)と、メラニンを増加させることで肌が黒化する日焼け(サンタン)のどちらもを引き起こします。

とてもエネルギーが強く、空気中の水分により吸収されます。

しかし、散乱性が高くあらゆる向きから肌にまで届いてしまうため、シミやソバカスになりやすくなります。

角化のリズムを崩すことで角層中の水分が減り、肌荒れを引き起こすこともあります。

日焼けの種類

サンバーンとは

UV-Bによるもの。

日焼けで皮膚が赤くなることを言います。

紫外線を受けた部分が赤く炎症を起こし、ひどくなると火傷と同じような水疱ができます。

紫外線を受けて8〜24時間でピークにたぬし、数日間炎症が続きます。

サンバーンを繰り返すことで遺伝子の損傷も起こり、あまりに繰り返せば皮膚ガンの要因にもなりますので過度の日焼けのし過ぎは注意が必要です。

日焼けの後ぺろっと皮がむけてくるのは、細胞損傷が激しく、修復が間に合わない為です。

サンタンとは

サンタンは、紫外線から身を守ろうとする天然のサンスクリーンとも呼ばれています。

サンタンは主にUV-Aによるもの。

日焼けにより皮膚が黒くなることを言います。

2種類の黒化があり、紫外線が当たっている最中からもしくは直後から黒くなる即時型黒化と、照射量の多さにより数ヶ月間続く遅延型黒化があります。

紫外線が肌に与える影響

紫外線照射中もしくは直後から生成されたメラニンは、皮膚のターンオーバーと共に排出されます。

しかし、排出しきれずに残ってしまったものがシミとなり残ります。

シミはできてしまえば簡単に消えるものではないので注意が必要です。

また、紫外線を繰り返し繰り返し浴びることによりメラノサイトの数が増え、肌はだんだん黒くなっていきます。

あまりに紫外線を浴び続けると皮膚ガンの危険性も高まる為、こちらも注意が必要です。

普段からしっかりと日焼け止めを塗るようにしましょう。

ちなみに、紫外線予防として日傘は黒が断然オススメです。

逆に白は紫外線を乱反射させるので、UVカットサングラスやコンタクトレンズは有効です。

色の濃いサングラスの場合は横からの散乱光に気をつけましょう。

-スキンケア
-

Copyright© an's style , 2019 All Rights Reserved.