スキンケア

本当にあってる?正しい洗顔料の使い方!

更新日:

毎日使う洗顔料、あなたはどんなものを使っていますか?

実は、良いと思っていたその洗顔料の使い方、間違っているかもしれません。

洗顔料の選び方から、正しい洗い方まで詳しく見ていきましょう。

洗顔料はどうやって選べばいいの?

化粧品にしてもそうですが、誰にでも合うものはコレ!というものを選ぶよりも自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

お肌の状態によって、使った方が良い洗顔石けんの種類は変わります。

乾燥肌の場合

もこもこと泡立ちが良いものよりも、洗い上がりがしっとりとなるものを選ぶと良いです。

油分、保湿剤が多く配合されているものが望ましいですね!

もこもこ泡立つものは使っていて気持ちよいですが、乾燥肌の方には脱脂力と呼ばれる脂を取り去る力が強すぎて余計に乾燥してしまうことがあります。

しっとり系の洗顔フォームで、もし泡立ちが物足りないと思うようであれば、泡立てネットを使ってみるとふわふわの泡になりますので、ぜひ試してみてください!

ちなみに、固形石鹸が一番肌に優しいという声もありますがこれは誤りで、実は洗浄力がとても高いものが多いです。

配合成分にもよりますが、固形石鹸イコール一番優しい、ではないことを覚えておきましょう。

脂性肌の場合

乾燥肌の方とは逆に、脂性肌の場合は泡立ちの良いサッパリタイプの洗顔料を使用しましょう。

余分な皮脂をしっかりと洗い落とし、お風呂上がりの保湿をきちんとするようにします。

折角油分をサッパリと洗い落としても、水分が足りないと実は、補おうとするあまり油分が出過ぎるという現象が起きることがあります。

自分はオイリー肌だし保湿しなくても乾燥しないわ、という考えは大間違い!

もちろん乾燥肌の場合にも保湿は必須ですが、脂性肌の人もしっかりと保湿をするようにしましょう。

正しい洗顔の仕方

洗顔の基本のキは「泡で洗う」ことです。

水洗顔だけでもほこりや汗を洗い落とすことは出来ますが、皮脂汚れが残ってしまい不十分です。

皮脂が残ったままになってしまうと、肌の老化や肌荒れを引き起こすことがあります。

また、洗顔後の化粧水や乳液などの浸透も悪くなってしまうので、洗顔をする際はしっかりと洗顔フォームを使用して洗顔するようにしましょう。

ポイント①泡を転がすように優しく

汚れが気になる部分は特に、ゴシゴシとこすって洗いたくなるかもしれませんがしつこく擦ってしまうのはNG!

洗顔は優しくするもの。

強くこするのではなく、しっかりと泡立てた泡を指の腹でくるくると転がすようにソフトに洗うようにしましょう。

ポイント②ぬるま湯で洗う

しっかり汚れが落ちるように熱いお湯で入念に流す!というのは絶対にNG!

40度くらいならそんなに熱くないでしょ、と思っていませんか?

実は、入浴時に使うような温度のお湯は顔の皮膚にはかなり熱め。

40度前後のお湯で顔を洗ってしまうと、お肌に必要なうるおいを綺麗さっぱり洗い流してしまうんです。

必要以上に乾燥させてしまうんですね。

洗顔は32〜34度、少し冷たいと感じるくらいのぬるま湯が適温です。

オススメの配合成分

洗顔料に配合されている成分の中でおすすめの潤いを失いにくくする成分を紹介します。

洗い流すから、洗顔石けんの中に保湿系の成分が入っていても意味がないのでは?と聞かれることがあります。

これは確かに真理で、流してしまうので一般的な保湿剤が配合されていてもあまり効果を発揮することができません。

しかしセラミドや油分(ワセリンやビーズワックス)配合のものは、うるおいを保ちやすいという調査結果が出ているため、保湿の出来る洗顔料を探している方は成分表記の中にセラミド、ワセリン、ビーズワックスが入っているかを確認してみると良いですね。

-スキンケア
-

Copyright© an's style , 2019 All Rights Reserved.