思考・行動

大好きな先輩が大出世した。彼女以上にプロフェッショナルな接客をみたことがない。

投稿日:

真心からお客様のことを考えたプロフェッショナルな接客とは。

そんな堅苦しい話じゃないんですが、大好きな先輩の話がしたくて。

わたし、彼女以上にプロフェッショナルな接客をみたことがないんですよね。

本当に心から、真心からお客様のことを思い遣って接しているのがわかる接客。

彼女は美容師時代の先輩でした

私、昔2年程美容師をしていた頃がありました。

(すぐにやめてしまったのでアシスタント止まりでしたが)

その時すっごくお世話になったひとつ年上の先輩(仮にSさんとします)がいまして。

彼女もその頃は同じアシスタントでした。

美容師アシスタントってかなりの安月給なんです。

アシスタントで1年差って、そんなに大きくお給料も差が無いはず。

にも関わらずよく仕事終わりラーメンを奢ってくれました。

(なぜか美容師って仕事終わりのラーメンが好きな人が多い気がする。私の周りだけかな。)

常に周りの人のことを考えていて、些細なことでも相談に乗ってくれて、休日もよく遊びに連れ出してくれるような優しくて楽しいお姉ちゃんみたいな先輩でした。

そのSさんと今でも時々LINEで連絡を取り合っていて、今度新しいお店の店長になるんだと嬉しい報告が!

それを聞いて、自分のことのように嬉しくなりました。

わたし、彼女程お客様のことを真心から思い遣って接客してる人ってほんとに見たことないんですよね。

美容師の接客

美容室って、大体どこもそうだとは思うんですがカルテ管理をします。

もちろん施術内容やお客様の髪質や癖なんかを書き込みます。

それプラス、こういうスタイルが好みだとか、どんな話題がお好きだとか、ドリンクはこれをいつも頼まれるだとか、いつもこういう風に過ごされる、とか。

次来ていただいた時に更に居心地よく過ごして頂けるよう忘れないように細かくメモしておくんですね。

ここまではお客様のことを思って仕事をしている人であれば割としている方、多いと思います。

お客様を思い遣る気持ちが滲み出る接客

Sさんの接客

美容師って、忙しい時はスタッフ間の連携が必須なんです。

1分も惜しい。下手をすると本当に淡々とお客様の回転だけを考えてしまうようになる程に忙しい。

そんな時でも、彼女からもらう伝達は心のこもったもの。

「Aさん20分ほど待っていて、ドリンクが無くなっているからお待たせしている事へのお詫びと、おかわりが必要かお伺いして、後5分で担当スタッフが参りますとお伝えして」

「Bさんくしゃみしてたからブランケット持って行ってあげて」

「Cさんカラーの放置時間長くなってて不安そうにされているけど、染まりにくい髪質だから長く置いています。まだ大丈夫だけど不安にさせないために(必要はないけどあえて)カラーチェックしてあと7分とお伝えして」

本当に猫の手も借りたいくらい忙しくて、施術をこなすだけでも精一杯になるほど、他のスタッフの顔から笑顔が消えるほど忙しくても彼女は笑顔を絶やさずにこんな指示伝達をします。

でも本当に必要な伝達って、こういうものだと彼女から学びました。

そりゃカラーの配合も、パーマの放置時間も、使うシャンプーの種類の伝達ももちろん大切です。

でも、それはあくまでスタッフ間で必要な要素。

お客様のサロン内での居心地を考えた伝達、はまた別に必要なのです。

Sさんとお客さまのはなし

Sさんのエピソード。

これはちょっと書ききれないほどあるんですが、印象に残っているものを。

お客様に、とってもかわいらしい優しい、80代のおばあちゃん(Nさん)がいらして。

その方、いつもSさんがシャンプーをしていてとっても仲良しなお客様なんですね。

ある日、Sさんがお見送りをした時に「いつもありがとうね。」とかわいらしい封筒を頂いたそう。

あとで開けると1000円入っていたんです。

そしたらSさん、なんて言ったと思います?

「わーNさんに何かプレゼント買おう!あこちゃん、買い物付き合って!」

と。

なんて素敵な使い方だろうと。

私なら帰りにちょっと高めのコンビニスイーツでも買ってしまうかもしれません(笑)

ほんとに、Sさんを見習おうと思いましたね。

この人の真似してたら接客はもちろん、人間としてもきっと大きく成長できる、と思って当時彼女からたくさん学ばせてもらっていました。

プロフェッショナルな接客

Sさんと2年間一緒に働いて感じた

彼女の接客は

お客様自身を見て。

お客様の表情を見て。

お客様の動作を見て。

気付くこと、動くこと、声をかけること。

安心していただくこと。

笑顔になっていただくこと。

来た時よりも笑顔でお帰りいただくこと。

ありがとう、をもらえること。

また来るね、って言ってもらえること。

また、笑顔でご来店いただけること。

その方の人生に関わらせていただけること。

それを心から嬉しいと思えること。

これが最高の接客だと、思う。

プロフェッショナルな接客。

-思考・行動
-,

Copyright© an's style , 2019 All Rights Reserved.